ブログ

VR編集ソフト Adobe Premiere、After Effects、CINEMA 4D

皆様こんにちは。センデン株式会社の三品飛鳥です。

弊社は、VPR(VRでRR)という企業向けのVR制作事業を行っている会社なのですが、以前記事で書かせて頂いた使用しているカメラについてのご質問以外にも、

「VRの編集は何のソフトを使ってやっていますか?」

と多くご質問を頂戴致します。

そのご質問の回答ですが、下記の通りです。

 

私個人的に多く使う編集ソフト

・Adobe Premiere

・Adobe After Effect

・CINEMA 4D

 

上記ソフトは用途によって使い分けます。

・Adobe Premiere→VR映像データを切って貼ってくっつけるとき

・Adobe After Effect→VR用のテロップやロゴのエフェクト付け(洒落た感じに仕上げたいとき)

・CINEMA 4D→3Dデータを活用したVRを制作する際や立体視、VR映像に立体的な写真などを入れる場合

 

VRをやり始めたときは、使いやすいのでEDIUSを使っていましたが、VR用の編集ができないので、Adobeに切り替えました。

AdobeはAdobe独特の言い回しや使い方のクセがあるものの、VRの編集がとてもやりやすい。

360度用のエフェクトやトランジションもデフォルトでついているので、クリエイティブなことがどんどん思いつきます。

ただ、一点注意点ですが、Adobeソフト全般に言えますが、Adobeはプロ用なのでかなりハードルが高いソフトです。

初心者の方は、insta360の編集ソフトが使いやすいかと思います。

 

センデン株式会社

代表取締役 三品飛鳥

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル337号

TEL:03-6661-1968

FAX:03-6661-1969

URL:https://sen-den.co.jp/

VPRサービス:https://vpr360.com/

VPR説明動画:https://youtu.be/tamB6NIBoWE

 

カメラに関しての記事はこちら

VRや360度の映像制作をする際に使用しているカメラ(insta360 ONE X)